コレステロール 高い 病気

コレステロールが高いとどんな病気になるの?


コレステロールが高いとどんな病気になるのかと言うと、まず動脈硬化による心臓や脳の病気です。

動脈硬化が心臓や脳の中で発生してしまうと、命の危険がある心筋梗塞や脳梗塞になってしまうのです。

また、その他の場所の動脈硬化では、大動脈瘤、腎動脈硬化症、閉塞性動脈硬化症などを発症します。

他にも、コレステロールが高いと脂肪が肝臓に溜まる事があり、そうなると肝硬変の原因になります。

胆石も、コレステロールが高い事が発症の原因のひとつとされていますので、コレステロールを高いまま放置していると、このような病気の発症リスクが高くなりますね。

急に血管が破れて、命の危険に晒される可能性もありますので、コレステロールが高いと診断されたら、早めに治療するようにしましょう。

どうしてコレステロールが高いと病気になるの?


どうしてコレステロールが高いと病気になるのかと言うと、まず動脈硬化が原因となります。

動脈硬化とは、健康の為に必要な酸素や栄養素を運ぶ動脈の内壁に、さまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態の事ですね。

特に、コレステロールが高い場合、血液がドロドロとなりカルシウムが沈着します。

その後石灰化が起こり、血管が硬くなります。

このように、弾力がなくなった血管はもろく、ちょっとした刺激でも破れやすくなる為、命に関わる病気を引き起こす可能性が高くなる、と言う訳です。

コレステロールが高くても、自覚症状はほとんどありません。

だからと言って、コレステロールが高いと診断されてもそのまま放っておくと、徐々にコレステロールが血管の内側へと溜まっていき、どんどん動脈硬化が進行していきます。

後で後悔しない為にも、コレステロールの値は下げる事が重要なのです。

コレステロールが高くて病気になったらもう治らないの?


コレステロールが高くて病気になったらもう治らないのかと言うと、そんな事はありません。

もちろん、脳卒中などの病気になって後遺症がある場合は別です。

けれど、軽い心筋梗塞や脳梗塞を発症しても、日常生活に問題ないくらいまで回復されている方も、数多くいらっしゃいます。

コレストロールが高くて病気になっても、その後の生活に注意する事によって、いくらでもコレストロールの値は改善できるのです。

一番重要なのが、コレストロールが高いと診断された後の、生活習慣の改善です。

自覚症状がない分、なかなか続ける事が難しいとは思いますが、コレストロールが高いと、病気を発症するリスクが格段にアップしてしまいます。

病気になって心から反省して改善しようと思っても、もう手遅れだった、といった可能性もあります。

あなたの努力次第で、高いコレステロールを下げる事は十分可能なのです。


パスワード:i9u5nehx


TOP PAGE