コレステロール 高い 中性脂肪

コレステロールが高いのに中性脂肪が低いのは何故?


コレステロールが高いのに中性脂肪が低いのは何故なのか、不思議ですよね。

でも、このようなケースはたまに見られます。

原因として考えられる事は、まずコレステロールの値が高いとは言っても、それは善玉コレステロールの値が高い場合です。

コレステロールの種類には、善玉(HDL)と悪玉(LDL)の2種類があります。

善玉コレステロールは、血液内の余分なコレステロールを肝臓へ運んでくれる為、もちろん上限はありますが、多少数値が高くなっていても問題はないでしょう。

このような場合、コレステロールが高いのに中性脂肪が低くなる事があります。

また、食事の量が少ないのに、コレステロールが高い食事ばかりしていると、中性脂肪のみが低くなる可能性があります。

中性脂肪が低いと、体に必要なビタミン類が不足している状態となり、体が疲れやすくなってしまいます。

コレステロールが高いのに中性脂肪が低い場合は、食事内容が偏っていないか確認するようにしましょう。

肥満じゃないのに中性脂肪が高いのは何故?


肥満じゃないのに中性脂肪が高いのは、内蔵脂肪が原因です。

一般的に、中性脂肪が高いと聞くと、肥満をイメージしてしまいますよね。

けれど、それで痩せている人は安心、といった事は全くありません。

痩せている方でも中性脂肪が高い、といったケースは多々あり、それは内蔵脂肪が多い事が原因となっています。

肥満の方の場合、皮下脂肪が多い為にそれが体型となって現れ、中性脂肪も高い状態となります。

痩せている方で中性脂肪が高い場合、内蔵の周りに多く脂肪が付いている為、見た目ではなかなか判断できません。

その為、発見が遅れてしまう事も多いのです。

内蔵脂肪が付いてしまう主な原因は、運動不足にあります。

普段から運動しないと、徐々に筋肉の量が減っていき、その代わりに内蔵脂肪が増えていきます。

だから、体重にも体型にも変化がないのです。

血液検査で中性脂肪が高いと診断されたら、体型に関係なく普段の生活に注意する必要があります。

コレステロールと中性脂肪の違いって何?


コレステロールと中性脂肪の違いは、その働きにあります。

コレステロールも中性脂肪も、同じ血液中にある脂肪です。

けれど、コレステロールは体内を構成する脂肪であり、細胞膜を構成したり、ステロイドホルモンやそれ以外のホルモンの原料になったりする、体に必要な脂肪

一方の中性脂肪は主にエネルギー源として使われ、栄養不足や運動などによって体のエネルギーが不足すると、燃焼して消費されます。

そして、余った中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪となり、肥満や成人病の原因となるのです。

コレステロールの値が高くても、中性脂肪の値が高くても、病気を発症するリスクは高くなります。

普段から正常値を保つ事が大切ですね。



TOP PAGE