コレステロール 高い 薬

コレステロールが高い時は薬で下げられるってホント?


コレステロールが高い時は薬で下げられる、と言うのはホントです。

但し、コレステロールが高い方全てに薬の服用が勧められる訳ではありません。

まずは、食事や生活習慣、そして運動療法によるコレステロールの改善が先です。

それでも、どうしてもコレステロールが高い危険な状態にある、と医師が判断した場合には、コレステロールを下げる薬が処方されます。

以前の薬は、コレステロールを下げる為、善玉コレステロールの値まで下げてしまう事がありました。

この事が問題となり、最近の薬では善玉コレステロールの値は下げず、高い悪玉コレステロールの値のみを下げてくれる薬が、主流となっています。

薬でコレステロールを下げたら筋肉痛になるの?


薬でコレステロールを下げたら、筋肉痛になる可能性もあります。

これは、コレステロールを下げる薬の副作用のせいです。

「世界で一番売れている薬」とも言われている、コレステロールが高い時に医師から処方される薬である「スタチン」ですが、その副作用として「横紋筋融解症」が有名です。

横紋筋融解症の発生頻度はごくまれ、とされていますが、それでも手足が重い筋肉痛のような症状を訴える方は多いようです。

これは、骨格筋である横紋筋の細胞が、コレステロールを下げる薬の作用によって、融解、壊死する為です。

この事により、筋肉の痛みや脱力を感じるような副作用が生まれます。

薬ですので、どうしても副作用の問題を避ける事はできません。

この、副作用の問題もある為、コレステロールが高いからと言って、医師も安易に薬を処方しないのですね。

コレステロールを下げる為に薬を服用する際には、その副作用まできちんと理解する事が大切です。

コレステロールを下げる薬って一生飲み続けるの?


コレステロールを下げる薬は、一生飲み続ける必要はありません。

食事療法や運動療法などによって、高いコレステロールの値が下がり、これからもコレステロールを下げる努力ができる、と思われる方は、医師の指導によって薬をやめる事も可能です。

ただ、コレステロールを下げる薬は一生飲み続ける必要がある、とよく耳にしますよね?

これは、薬をやめた途端、再びコレステロールが高い値に戻ってしまうケースが多いからです。

コレステロールを下げる薬は、根本から治療する薬ではありません。

血液中のコレステロールの値を、正常値に戻してくれる薬です。

薬によってコレステロールが下がっているのですから、薬をやめたら、またすぐに高いコレステロールに戻るのは当然ですね。

コレステロールの薬を飲むのをやめたければ、コレステロールを下げる努力をする必要があります。

食事に注意して適度な運動を行い、肥満であれば肥満を解消する事が大切です。

今後も、コレステロールの値が上がらないような生活習慣を続ける約束ができるのであれば、医師の判断で薬をやめる事もできるでしょう。



TOP PAGE