コレステロール 高い 食事

コレステロールが高くなる食事の仕方ってある?


コレステロールが高くなるような食事の仕方は、あります。

まず食事内容ですが、野菜や魚を食べず、肉中心の食事を好んで食べていては、コレステロールはおのずと高くなるでしょう。

もちろん、肉を食べてはいけない、と言っているのではありません。

ただ、肉を食べるのであれば、その際は茹でたり蒸したりして、肉の脂を上手に落とす事が重要です。

また、鶏肉の皮にはコレステロールが多く含まれていますので、鶏肉を食べる際には皮は残すようにします。

肉中心の食事ではなくても、量を食べ過ぎてしまうと、肝臓で作られるコレステロールが増える事が分かっています。

しかも、悪玉コレステロールが増えてしま為、普段から腹八分目を意識しましょう。

食事の際には、カテキンを含んでいるお茶を一緒に飲むようにすると、食事による脂肪吸収を抑えてくれますよ。

脂っこい食事をしたらコレステロールって高くなる?


脂っこい食事をしたらコレステロールは高くなります。

それでは、脂っこい食事とは、一体どんな内容でしょうか?

イメージ出来るのは、やはり脂身の多い肉や、脂肪分の多い乳製品ですね。

また、揚げ物や炒め物に多く使われてる油にも、悪玉コレステロールを増やす種類がありますので、注意が必要です。

ただ、食事から体内に直接吸収されるコレステロールは、2割から3割程度だとも言われています。

つまり、それ以外のコレステロールは、体内で作られているのですね。

その為、コレステロールが多い食品を避ける事も大切ですが、体内でコレステロールの合成を抑制させるような食事内容にする事も重要です。

食事に使用する油をみても、オリーブ油やキャノーラ油といった植物油を使うような工夫が必要ですね。

食事で食物繊維を沢山食べたらコレステロールは下がる?


食事で食物繊維を沢山食べたら、コレステロールは下がります。

食物繊維には、水溶性(水に溶ける)のものと不溶性(水に溶けない)2種類が存在していますが、食事から吸収されるコレステロールの量を減少させる働きがあるのは、水溶性の食物繊維です。

腸の中に水溶性の食物繊維がたくさんあると、脂肪を消化するのに必要な「胆汁酸」は小腸で吸収されず、便として体外に排出されるようになります。

胆汁酸は、悪玉コレステロールを原料として肝臓で作られています。

その為、肝臓では新しく胆汁酸を作ろうと、悪玉コレステロールをどんどん消費するようになるので、結果として悪玉コレステロールが減少するのです。

水溶性の食物繊維を多く含む食品には、ゴボウやさつまいも、にんじん等の野菜、こんぶ、めかぶ、ワカメ等の海藻類、りんごやバナナ等の果物があります。

コレステロールが高い場合には、普段から意識して、これらの食品を食べるようにするといいでしょう。




TOP PAGE