コレステロール 高い 女性

女性ホルモンが高いコレステロールの値を下げてくれるってホント?


女性ホルモンが、高いコレステロールの値を下げてくれると言うのは、ホントです。

女性ホルモンには2種類あり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が存在しています。

コレステロールの値を調整してくれるのは、エストロゲンと呼ばれている女性ホルモンで、血液の中の悪玉コレステロールを肝臓に取り込む、受容体を増やす働きがあるとされています。

その為、エストロゲンには悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる効果があるのです。

若い頃は、女性ホルモンであるエストロゲンが十分に分泌されている為、コレステロールの値が高くなる事は少ないでしょう。

けれど、ムリなダイエットや不規則な生活をして女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、エストロゲンが十分に分泌されず、高いコレステロール値となって現れる可能性がありますので、注意が必要です。

女性の更年期とコレステロールって関係があるの?


女性の更年期とコレステロールには、大きな関係があります。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンには、コレステロールの値を下げてくれる効果があります。

けれど、更年期以降、女性ホルモンの分泌は徐々に低下していきます。

すると、血液中のエストロゲンの量も不足してしまうのです。

今まで、コレステロールの値が高くなるのを抑えてくれていたエストロゲンが不足するのですから、更年期以降も同じような食事をしていたら、コレステロールが増加してしまうのは当然です。

更年期以降の女性に、高いコレステロールの方や、高脂血症の方が多くなるのは、このような理由からです。

女性の場合、年齢の増加と共にコレステロール値の変化には注意するようにしてください。

女性は年齢によってコレステロールの基準値が違うの?


女性の場合、年齢によってコレステロールの基準値が異なります。

一般的に、コレステロールの値は、食事内容や喫煙、アルコール、運動不足、ストレスといったもので左右されています。

生活習慣が悪ければ悪いほど、コレステロールの値も高くなるのですね。

けれど女性の場合、上記の他にも、コレステロールの値に影響する理由があります。

それが、更年期と妊娠です。

更年期は男性にもありますが、女性の更年期の場合、更年期障害といった言葉があるように、女性ホルモンの分泌が減少する事によって、体調に大きな変化が現れます。

また、妊娠中もお腹の赤ちゃんを正常に成長させる為に、普段より多くの脂質を体が必要とします。

その為、コレステロールも増加しやすくなり、おのずとコレステロールの値も高くなってしまうのです。

女性の特徴として妊娠や更年期がありますので、この期間を考慮して基準値も細かく分かれるようになっています。



TOP PAGE