コレステロール 高い

コレステロールはダイエットをすると下がるのかについて


ここでは、コレステロールはダイエットをすると下がるのかについて、書いています。

最近、コレステロールが気になる人、多いと思います。

下げたいと思っても、なかなか下げることができません。

だけど、ダイエットをすると下がる、なんて聞いたことはありませんか?

そこで、コレステロールはダイエットすると下がるのかについて紹介してきます。

是非読んでみてくださいね。



コレステロールはダイエットをすると下がる?


コレステロールはダイエットをすると下がるのかというと、下がります。

大抵は、ダイエットをすることで、コレステロールを下げることができます。

だけど、ダイエットしてもコレステロールが下がらない場合もあります。

では、どうしてダイエットでコレステロールが下がるのか、またどうして下がらないことがあるのか。

それらについて書いていきます。



どうしてダイエットでコレステロールが下がる?


どうしてダイエットでコレステロールが下がるのかというと、まず太っているということは、中性脂肪が多いということになります。

中性脂肪が多いと、自然とコレステロールが高くなってしまうのです。

だから、簡単に考えると、その中性脂肪を落とせばコレステロールが下がるということになります。

中性脂肪が気になる方、多いですよね。

でも、そんな簡単に中性脂肪を落とすことができません。

どうすれば中性脂肪を落とすことができるのかというと、運動をしたり食事に気を付けたりすることで、中性脂肪が落ち、ダイエットができます。

ただ、すぐには中性脂肪は落ちません。

日々気を付けることで、徐々に落ちていきます。

それにより、コレステロールも徐々に落ちていきます。

コレステロール値が気になるのであれば、まずダイエットをすることで、自然とコレステロールも下がっていきます。



どうしてダイエットしてもコレステロールが下がらないことがあるの?


どうしてダイエットしてもコレステロールが下がらないことがあるのかというと、それは遺伝が関係しています。

ダイエットをしても、医師の指示通り食事制限しても、コレステロールが下がらないって人がいます。

その原因が遺伝なんです。

どういうことかというと、生まれつきコレステロールを分解する酵素が少ない、ということなんです。

これを家族性高脂血症と言います。

コレステロールを分解する酵素が少ないため、何をやってもコレステロールが下がらないのです。

これは人によるのですが、若干しかコレステロール値が下がらないという人や、全く下がらないという人がいます。

この場合どうすればいいのかというと、まずは医師と相談です。

人によって、持っている酵素の量が違います。

ですので、それにより、食事内容を見直すことになります。



コレステロールはダイエットで下げることができる、まとめ


ダイエットをすることで、大抵はコレステロール値を下げることができます。

ですので、まずは食生活を見直して、運動を取り入れるようにしましょう。

こういった健康的なダイエットをすることで、コレステロール値は下がります。

無理なダイエットは禁物です。

体に大きな負担を与えてしまいます。

ダイエットをしても全然コレステロール値が下がらない場合は、一度医師に相談するようにしましょう。



TOP PAGE