コレステロール 高い

コレステロールはヨーグルトで下げれるって本当なのかについて


ここでは、コレステロールはヨーグルトで下げれるって本当なのかについて、書いています。

肥満の原因ともいわれているコレステロール。

コレステロールは、動物性脂質などを摂ることで上がってしまいます。

だけど、コレステロールはヨーグルトで下げれるって聞いたことはありませんか?

本当にヨーグルトで下げれるのかについて書いていきますので、よかったら読んでみてください。



コレステロールはヨーグルトで下げれるって本当?


コレステロールはヨーグルトで下げれるって本当なのかというと、本当なんです。

先ほども言ったように、コレステロールは動物性脂質などを摂ることで上がります。

乳製品にも動物性脂質が含まれていますよね。

ヨーグルトは乳製品だけど、どうして大丈夫なのか、不思議ですよね。

それではどうしてヨーグルトがいいのか、またおすすめの食べ方について紹介してきます。



どうしてヨーグルトがコレステロールを下げるの?


どうしてヨーグルトでコレステロールを下げれるのかというと、ヨーグルトは乳酸菌が含まれ発酵しているからなんです。

そのため、ヨーグルトは乳製品ですが、コレステロールが低いのです。

乳酸菌というと、みなさんはどんなイメージがありますか?

乳酸菌を摂ることにより、腸内環境が整います。

ヨーグルトを食べると、お通じがよくなるって言いますよね。

腸内環境が整い、お通じがよくなると、善玉菌が増加します。

それによって、コレステロールが下がるのです。

また、ある研究結果で、ヨーグルトの乳酸菌は悪玉コレステロールを減少させる、という結果が発表されています。

だから、コレステロール値が気になる人には、ヨーグルトがおすすめなんです。



おすすめのヨーグルトの食べ方とは?


ヨーグルトというと、どういった食べ方をしますか?

そのままヨーグルトを食べるって人が多いと思います。

だけど、コレステロールが気になる人は、今からおすすめする食べ方をぜひ試してみてほしいんです。

ヨーグルトは上記でもお話ししたように、コレステロールを下げてくれます。

でも、どうせ食べるんだったら、その効果をもっと強くしたくありませんか?

もっと効果をよくする食べ方ってあるんです。

それは、ポリフェノールを一緒に摂ること、なんです。

ポリフェノールは、ぶどうやりんご、もも、サクランボなどに多く含まれています。

だから、これらの果物と一緒にヨーグルトを食べれると、効果はさらにアップします。

また、ポリフェノールといえば、ワインじゃありませんか?

ワインにヨーグルトを混ぜたワインヨーグルトもおすすめです!



コレステロールはヨーグルトで下げられる、まとめ


このように、ヨーグルトはコレステロールを下げることができます。

ヨーグルトって、体にいいイメージがありますよね。

多くの人がお通じにいい、ってイメージがあると思います。

だけど、コレステロールを下げる効果もあるので、本当に体にいいんです。

コレステロール値が気になる、コレステロール値を上げたくないって方は、是非ヨーグルトを積極的に食べてみてください。



TOP PAGE