コレステロール 高い

コレステロールを下げるのには断食が効果的なのかについて


ここでは、コレステロールを下げるのには断食が効果的なのかについて、書いています。

今、コレステロールが高い人って増えてきているのはご存知でしょうか?

コレステロールを下げようと思っても、なかなか下げることができません。

実際にコレステロールを下げるために、いろいろ試しているって人は多いでしょう。

そこで、断食が効果的って噂を耳にしたのですが、それって本当なのかについて紹介していきます。

是非参考にしてみてくださいね。



コレステロールを下げるのには断食が効果的?


コレステロールを下げるのには断食が効果的なのかというと、その通りなんです。

断食というと、宗教をイメージする方も多いと思います。

だけど、最近では健康のため、ダイエットのために断食する人も少なくありません。

では、どうして断食がコレステロールを下げるのか、断食はどのように行えばいいのかなどについて、紹介してきたいと思います。



どうして断食がコレステロールを下げるの?


どうして断食がコレステロールを下げるのかというと、断食をすることにより、体をリセットすることができるからなんです。

断食を行っている間は、何も食べることができません。

唯一口にできるのがお水なんです。

そんな断食を1日行うことで、消化器官を休めることができます。

私たちは毎日何かを食べますよね。

そうすると消化などを行うのに、消化器官は機能します。

毎日一日中消化器官は働いているのです。

だけど、たまには休ませてあげるにも大切。

そのほかにも、コレステロール値や血糖値を正常な値に下げる、便秘改善、新陳代謝を高める、免疫力を高める、デトックス、過食防止などといったメリットもあります。

それが断食なんです。

それだけでなく、心臓発作や糖尿病のリスクを予防することもできます。

そのため、断食は月に1度、1日(24時間)行うのがおすすめなんです。



断食の正しい方法とは?


断食っていうと、大変ってイメージがあったりすると思いますが、そんなこともありません。

また、難しいと思っている人もいますが、そんなこともないのです。

やり方はいたって簡単です。

まず大切なのは、断食を行っている間は、お家でゆっくりと過ごすことです。

ですので、もしお仕事をされているのであれば、休みを利用するといいでしょう。

そして、準備するものは、ミネラルウオーター2リットルほどです。

断食を行うのは丸1日なので、準備は前日から行います。

前日の晩御飯は、9時までに済ませておいてください。

翌日断食を行うからと言って、満腹になるまで食べず、8分目で抑えておきましょう。

そして断食当日は、ゆっくりと過ごしながら、何も食べず、お水を飲みます。

一気に飲むのではなく、自分のペースでちょっとずつ飲みましょう。

お水が飲みにくい場合は、白湯でもOKです。

そして断食が終わると大切なのが、断食翌日の食事です。

いきなり脂っこいものや、大量に食べてしまうと、消化器官に負担を与えてしまいます。

ですので、断食翌日の朝食や昼食はおかゆ、晩御飯は少量のご飯とお味噌汁などがいいでしょう。



コレステロールを下げる断食のまとめ


ちょっと長くなりましたが、断食はそんなに難しいことではありません。

何も食べないのはちょっとしんどいかもしれませんが、1日の辛抱です。

お腹が空いたな、と思ったらお水を飲んでください。

最初は慣れないかもしれませんが、回数を重ねるごとに慣れてきます。

また、断食をすることで心身ともにリセットできますので、みなさんも是非一度断食をやってみてはいかがでしょうか?



TOP PAGE